棋譜ファイルを作る(1)対局編

このソフトは柿木儀一氏の考案されたもので将棋ソフトの元祖とも言われ
現在あらゆるコンピュータソフトの基盤となっています。

第1章テレビ対局から編集

毎週日曜日NHKのテレビで放送されるNHK杯将棋トーナメントを題材にKifu for Windowsの使い方を説明します。

Kifu for Windowsのダウンロード

ダウンロードして解凍するとフォルダーの中に本体Kifu.exeがあります。
Kifuw643.Zip(圧縮ファイルです) 解凍したら用済みなので破棄してください。
Kif643(フォルダーです) 通常はこの中に本体を入れて利用します。
Kifuw.exe(これが本体です) これをダブルクリックするとKif for Windowsが起動します。

起動したら、メニュー[対局」⇒「新規対局]を選んでください。



クリックすると対局者の名前や情報を入力することができますが、そのままОKでもかまいません。


あとはテレビ画面を見ながら駒を動かしていってください。
どちらか投了ボタンを押して終了です、そのまま保存して下さい。
保存するときに場所、ファイル名、ファイルの種類を確認しておくことが大切です。




第2章メニューバーの操作

ここではメニューバーの使い方について説明しますが、ヘルプをクリックすると
柿木サイトの詳しい説明が表示されます。


ファイル⇒

◎画像の保存
カラー局面がGIF画像として保存できます。
◎印刷プレビュー
局面では簡易局面を、棋譜ではそれまでの手順を、
用紙で指し手のない局面を印刷すると空の用紙が印刷できます。

編集⇒

◎棋譜のコピーでは時間付KIF形式、または▲▽で表示されるKI2形式のコピーができます。
コピーしたらワードとかメモ帳に貼り付けてください。
◎棋譜の分岐にチェックを入れて、継続対局を選んで駒を動かして
中断で保存すると棋譜の分岐が作成されます。
◎他にもコメント挿入とか、棋譜情報の変更追加ができます。

表示⇒

コメントを挿入している場合コメントウインドウの表示方法を指定する事ができます。
他に分岐ウインドウ、棋譜ウインドウの表示も設定できます。
局面の回転では先手後手を逆に表示できます。

サンプルNHK豊島vs佐藤

サンプル竜王戦第四局

サンプル竜王戦第五局

棋譜ファイルを作る(2)詰め将棋編