現在、過去(紀元前より)、未来の月

月齢計算
年、月、日、時、分に数値を入力してOKボタンを押して下さい。 月の満ち欠けを表す月齢が精密に求められます。但し、新月より数えた日数時刻、即ち暦上の 月齢ではありません。
紀元前は年にーを付けて1少ない数値を入力。
この月齢計算プログラムを使って旧暦日を知ることが出来ます。 遡って月齢の最もゼロに近い日を探して下さい。その日を旧暦 の1日として起算して下さい。


◆次の文章を読んで。

足下の起伏がぼんやりと見え始めた。
暗闇に目がなれたためか、
それとも本当に明るくなったためだろうか。
いずれにせよ、歩きやすくなった。
おかげで思ったより早く丘の上にたどり着くことが出来た。
丘の上にたどり着くと視野は一気に広がり、
遠くの山並から姿を現したばかりの
下弦の月を見ることが出来きた。
思えば今日は二十三夜。
もうその月が昇る時刻となったのか・・
 
 (獺後幕暦著「暗夜徘徊」より)


質問に答えてください



(1)さて、この月はどちらの空に見えましたか?
東   西  北西

(2)作者が見た月は画像A,Bのどれですか?
..... A  B

(3)丘の上にたどり着いたのはいつ頃ですか
夕方 夜中 明方 真昼

ハンドル名



メールアドレス


何でも一言




このクイズは天文と暦の雑学が出典なので正解が解説してあります。